Par avion mon journal

Je vous souhaite plein de bonheur!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

いざ、イタリアへ。

慌ただしい師走だからこそ。
久々にヨーロッパの風をお届けしようと思います。

南風に吹かれて、小さな村巡りをゆらりゆらりしてきたカツcaravan。
あっと言う間に南仏最後の日を迎えました。

Ca se passe trop vite! です。
愉しく、心地良い時間はあっという間に過ぎていくんだよなぁ。

南仏最後の日は、『なにもしない』1日にしよう!
と言わずとも、それがいいねぇとなるあたり、ありがたいです。

なにもしないけれど、大切なコトはぜんぶある。
そんな『なにもしない』1日はとてもココロが落ち着きます。
ココロに優しい1日です。

1217-1

レジデンス前の海岸。繁華街から離れているので、とっても静かです。

1217-4

こちら、部屋のテラスからの景色。
ここにお世話になったのは3日間でしたが、毎日ゆったりテラスで家ご飯をいただきました。
まさかの花火まで見れるなんて、ほんとうにありがたいです。

そして。
翌朝早朝(まだまだ暗闇でした。)
いざ、イタリアへ向けて出発。

目的地はオレンジ色の屋根が彩る美しい街、フィレンツェです。

しかし!
この南仏からイタリアに抜けるルートで、まともに!行けた試しがありません(苦笑)。

ストライキ、訳の分からない強制途中下車、遅延・・・
イタリア国鉄、恐るべし!です。

通常は、ニース→モナコ→ヴァンテミリア→ミラノ→フィレンツェですが、
ちょびんもカツも、ミラノには苦い思ひ出があるため(苦笑)、このコースは却下。

ということで、海岸沿いでキレイな景色を見ながら、
ニース→モナコ→ヴァンテミリア→ジェノバ→ピサ→フィレンツェ
のコースで行くことに。
実は、ミラノ経由とさほど到着時間が変わりません。おススメです、このコース。

朝とびきり早いですけど(苦笑)、このコースで行けば夕方にはフィレンツェに到着できます。

フランスの駅窓口では、ヴァンテミリアまでしか買えなかったので、
ひとまず、イタリア最初の街、ヴァンテミリアまで。

ヴァンテミリアの駅前のカフェに入り、
『ウーノ』『ペルファボーレ』『グラッツェ』の世界にシフトしたことを実感。
ここからは、ちょびんの英語とカツのいんちきイタリア語(苦笑)の旅の始まりです。

1217-2


窓口でフィレンツェまでの切符をゲットし、ジェノバへ。

ジェノバではさっそく挨拶代わりの(苦笑)ジェラートを食らい。

次の電車までに時間があったので、ちらっと街に出てイタリア初ランチ。
ジェノバといえば、もちろん!

1217-3

ジェノベーゼであります!
飛び込みでしたが、とても美味しかった!
安くて、美味い!イタリアさすがです。

フランスで胃袋を鍛え上げたうえに、イタリア料理が大好きな我々。
準備はどうやら完璧に整っているようです。


よーし。
お腹もいっぱいになったことだし、ゆらり電車に乗ってフィレンツェに向かおうか!
・・・・と。

ここまでは良かったのですが・・・。

やっぱり、イタリア国鉄、恐るべし!だったのです・・・(苦笑)。

つづく。


スポンサーサイト

| NICE ET FIRENZE 2010 | 18:54 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。