Par avion mon journal

Je vous souhaite plein de bonheur!

2010年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年01月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Par avionカレンダー2011 ふわっとお届けです。

毎年、みなさんにLYON村から色々なカタチでお届けしている

Par avionカレンダー。


さて、2011年は・・・。


昔からの本家サイト、Par avionからお付き合いいただいてるみなさんは

ご存じかと思いますが、

Par avionカレンダーの始まりはねぇ、『壁紙』だったんですよ。

だからね、

そんな初心のキモチを、バージョンアップさせて・・・。


2011年は、

1ヶ月ごとにふわっとみんなに集合してもらおうと思います。


集合先は、こちら!!

http://katuavion.web.fc2.com/


みんなの『小さなシアワセ』がひとつひとつ。

大切に温かく刻まれますように。


いっぽいっぽ。

2011年もステキな旅を!


のキモチを込めて。

ふわっとお届けです。

スポンサーサイト

| Par avionカレンダー 2011 | 00:24 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

イタリア国鉄恐るべし。

本場ジェノバのジェノベーゼに大満足をし、
2時間ちょっとの世界の車窓からを経てピサに到着。

ここから、フィレンツェまでは電車で1時間ちょい。
さぁ、あとちょっと!

と思っていると・・・・。

乗ろうと思っていた電車のプラットホームへ行くも電車がいない。
・・・遅延かぁ!

まぁまぁ、イタリア国鉄だしね、仕方ない。

と思っていると、今度は違うプラットホームナンバーが表示される。
・・・混乱かぁ!(苦笑)

ヨーロッパは、エスカレーターやエレベーターがない駅が多いので、
乗換えがあると重いトランクを何度も階段で運ばなければいけない。
そのうえ、プラットホームを何度も変えられた日にはちょっとした筋トレである。
ちょびんなんて、自分が入っちゃうんじゃないか?くらいのトランクだもんなぁ・・・。

新しいプラットホームに到着すると、今度は何故か残念な空気が漂っている(苦笑)。
・・・まさか。
・・・えー、感じたくないけど、感じちゃったなぁ(苦笑)。


・・・ストライキかぁ!(泣)。

イタリア語では、ちょっとさすがに分からないので、ちょびんに英語で聴いてもらったところ、
どうやら、今日丸1日、フィレンツェ行きの電車は出ないらしい。


でたー、イタリア国鉄。
まともに目的地には辿り着かせてくれない!(苦笑)。


ふーむ。とここでちょびんと作戦会議。

このままピサに1泊してピサの斜塔でも見に行くか、それとも他の手段を探すか・・・。

他の手段かぁ・・・。
ぱっと浮かんだのは2つ。

いち。
ニースのように長距離バスはないだろか?

に。
フィレンツェと小一時間くらいの距離なら、
ピサの空港行けば、フィレンツェ行きのバス出てるじゃなかろか?

Iphoneで調べたところ、空港からはフィレンツェ行きのバスが出てるらしいことが判明!
さっそく、ちょびんとバス停散策。

みんなが気付いて、空港がいっぱいになる前に(苦笑)、
空港行きのバスに乗っちゃえ!作戦開始。
空港は15分圏内。バスが驚くほど満席続きなら帰ってくればいい。

そんなこんな空港に行くとやはりフィレンツェに行きたそうな顔ぶれ(ほんとか?)が
バスを遠巻きになんとなく待っている。

カツもニース乗りで、なんとなく待ってるか雰囲気でいると(苦笑)、
ちょびんから、
『空港内でチケット売ってるんじゃない?それを先に買っておいた方がいいと思うなぁ!』
という、なんとも的確なパスが投げられる。

・・・で、ですよねー!!!(苦笑)

すぐにチケットを売り場を探し、聴いてみると、ちょびん大正解。
チケットは座席数で区切られて売られており、5分後に出発するバスの最後の2席をゲット!

ちょびん、ナイスゴール!です。

なんとなく待っている皆様の『なんだよそれー、聞いてねーよー!』のコエを聞きながら、
『ええ、言ってませんから。』顔のバス会社の人にチケットを切ってもらい、
滑り込みセーフで、フィレンツェ行きのバスに乗る。

気付けば、夕刻。予定よりちょっと早くフィレンツェに着いたのでした。


たとえ、予定通りにいかなくても。
ちょっとしたハプニングがあったとしても。

いっこいっこやって。
いっぽいっぽしながら、

『いろいろあったけど、良かったぁ!』と笑って、
愉しみながら、ゆるりと、その時を一緒に過ごせる感って。
とっても大切なんだよなぁ。

ちょびんに感謝です。
ありがとう。

もちろん。
無事にフィレンツェ到着おめでとー!の乾杯はジェラートです。

1221

| NICE ET FIRENZE 2010 | 12:42 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

いざ、イタリアへ。

慌ただしい師走だからこそ。
久々にヨーロッパの風をお届けしようと思います。

南風に吹かれて、小さな村巡りをゆらりゆらりしてきたカツcaravan。
あっと言う間に南仏最後の日を迎えました。

Ca se passe trop vite! です。
愉しく、心地良い時間はあっという間に過ぎていくんだよなぁ。

南仏最後の日は、『なにもしない』1日にしよう!
と言わずとも、それがいいねぇとなるあたり、ありがたいです。

なにもしないけれど、大切なコトはぜんぶある。
そんな『なにもしない』1日はとてもココロが落ち着きます。
ココロに優しい1日です。

1217-1

レジデンス前の海岸。繁華街から離れているので、とっても静かです。

1217-4

こちら、部屋のテラスからの景色。
ここにお世話になったのは3日間でしたが、毎日ゆったりテラスで家ご飯をいただきました。
まさかの花火まで見れるなんて、ほんとうにありがたいです。

そして。
翌朝早朝(まだまだ暗闇でした。)
いざ、イタリアへ向けて出発。

目的地はオレンジ色の屋根が彩る美しい街、フィレンツェです。

しかし!
この南仏からイタリアに抜けるルートで、まともに!行けた試しがありません(苦笑)。

ストライキ、訳の分からない強制途中下車、遅延・・・
イタリア国鉄、恐るべし!です。

通常は、ニース→モナコ→ヴァンテミリア→ミラノ→フィレンツェですが、
ちょびんもカツも、ミラノには苦い思ひ出があるため(苦笑)、このコースは却下。

ということで、海岸沿いでキレイな景色を見ながら、
ニース→モナコ→ヴァンテミリア→ジェノバ→ピサ→フィレンツェ
のコースで行くことに。
実は、ミラノ経由とさほど到着時間が変わりません。おススメです、このコース。

朝とびきり早いですけど(苦笑)、このコースで行けば夕方にはフィレンツェに到着できます。

フランスの駅窓口では、ヴァンテミリアまでしか買えなかったので、
ひとまず、イタリア最初の街、ヴァンテミリアまで。

ヴァンテミリアの駅前のカフェに入り、
『ウーノ』『ペルファボーレ』『グラッツェ』の世界にシフトしたことを実感。
ここからは、ちょびんの英語とカツのいんちきイタリア語(苦笑)の旅の始まりです。

1217-2


窓口でフィレンツェまでの切符をゲットし、ジェノバへ。

ジェノバではさっそく挨拶代わりの(苦笑)ジェラートを食らい。

次の電車までに時間があったので、ちらっと街に出てイタリア初ランチ。
ジェノバといえば、もちろん!

1217-3

ジェノベーゼであります!
飛び込みでしたが、とても美味しかった!
安くて、美味い!イタリアさすがです。

フランスで胃袋を鍛え上げたうえに、イタリア料理が大好きな我々。
準備はどうやら完璧に整っているようです。


よーし。
お腹もいっぱいになったことだし、ゆらり電車に乗ってフィレンツェに向かおうか!
・・・・と。

ここまでは良かったのですが・・・。

やっぱり、イタリア国鉄、恐るべし!だったのです・・・(苦笑)。

つづく。


| NICE ET FIRENZE 2010 | 18:54 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

おめでとう。

大心友が、

いっぽいっぽを歩いていき、そして繋げました。


心友の

『あの日が思い出されます。』

というメールの一文を見た時。

あの日がふっと心に想い出されるような感覚があるのなら、

これは、だいじょぶだと。

勝手に話を聴く前に想っておりましたが(苦笑)、全くその通りでありました。


心友の素晴らしいところ。


それは。

ひとつひとつを

大切に丁寧に積み重ねていけるところ。

振り返り、気付き、

風を感じながら、穏やかに、しなやかに。



おめでとう!!!

こちらに来た暁には、おめでとうランニングでお祝いなんてどうすかね!

| 日々淡々 | 15:51 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

伝わること、伝えること。

こんなことがありました。

『ソラさーん、上に行くよ~。』といつものようにソラさんい言う。

いつもだったら、
『あの、階段登りづらいんですけど…』くらいの接近戦で一緒に階段を上ってくるソラさんが
一向に登ってくる気配がない。

水でも飲んでるのかな?

と思って暫く放っておいたが、やっぱり上がってこない。


『ソラさーん?』
リビングに降りてみると、真っ暗闇の中、ソファで座っているソラさん。

1人になりたい時もあるんかなぁ?

と思ってもう暫く放って、やっぱり上がってこない。


いや、待てよ。
・・・ソラさんが1人になりたいわけないじゃん!(苦笑)


と自分が全く初歩的なミスアンダースタンドをしていることに気付き、
急いでリビングに降りてみると、今度は玄関の前で座っているソラさん。



そうだったか。

やっと分かりました、ソラさんが上にあがってこない理由。
そして、『いつも』と違う理由。


・・・ソラさんね、散歩に行ってきたばかりだったけれど、
そうじゃなくて、『トイレ』散歩にもう一度、行きたかったんです。


なんだぁ、そうならそうと言ってくれればいいのにー!
なんだけど(苦笑)、
ソラさん、言えないもんね。

ソラさんは話せないし、その上、アピール方法がオリジナル(苦笑)。
だけど、動物が『いつもとなにか違う』行動をするには、それなりに理由がある。
それを、ソラさんなりに、
いつもと違う行動で『サイン』を伝えてくれていたんだよなぁ。



『サイン』をキャッチすること。

そして、同時に。

ソラさんは、話せないけれど、
自分たちは『コトバ』というステキな手段を持っていること。


伝わること。

伝えること。


どちらも大切にできるといいですよね。

| 日々淡々 | 14:58 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。